肌のバリア機能アップでニキビ予防!美肌効果実験

肌トラブルの中でも、特に目立ちやすいニキビ。たくさんできてしまうと肌が汚く見えるうえ、化粧ノリも悪くなってしまいます。脂性肌のものと思われがちなニキビですが、実は、乾燥が原因になることも。肌のバリア機能をアップさせ、乾燥もニキビも防ぐことができる基礎化粧品を探して、独自の美肌実験をしてみました。その内容と結果を紹介します。

そもそも、どうして乾燥するとニキビができるの?

過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まってできるニキビ。トラブル要因と思われがちな皮脂ですが、皮脂の取りすぎや乾燥が、ニキビの原因になることも。そもそも皮脂は、肌を外部の刺激から守るバリアの役割を果たしています。その皮脂が減り、乾燥すると、肌は皮脂が足りないと判断してさらに皮脂を分泌してしまうのです。 肌に適度は皮脂を保ち、バリア機能を正常にたもつことが、ニキビ撲滅へのカギとなります。 今回は実験で、各化粧品のバリア機能を助ける効果を検証しました。

実験工程①

実験工程①

人間の皮膚に見立てたミカンの皮に、うすく基礎化粧品を塗り、軽く拭き取ってから汚れをつけます。

実験工程②

実験工程②

10分ほどおいてから、汚れをティッシュなどで軽く拭き取ります。

実験工程③

実験工程③

その汚れの落ち方から、化粧品で外からの汚れからどれだけ守れたかを検証します。

実験結果発表! 美肌効果が一番高かった化粧品ブランドは!?

今回の実験で、肌を守るバリア機能があり、肌を美しく保つ美肌効果が高い化粧品ブランドが明らかになりました。 美肌効果NO.1に輝いたのは、富士フイルムのアスタリフト。純度の高いコラーゲンを高濃度で配合した化粧品です。肌を外部刺激や汚れから守り、肌トラブルを予防する働きがあることが分かりました。

美肌効果NO.1ブランドはアスタリフト

アスタリフト 化粧水とクリームを塗った後でも、ミカンの皮表面はそれほどベタベタになりません。そのため、軽くティッシュで押さえ、時間を置いた後は、汚れをつけるのもそれほど手間取りませんでした。しっかりついた汚れもアスタリフトのバリア機能により皮に染み込むことなく、う、ティッシュで軽く拭き取っただけで、するんとキレイに落ちました。 アスタリフトについての詳細はこちら>>

汚れが肌まで届いていないみたいです。気持ちいいくらいに、汚れがキレイに落ちました!

No.2はディセンシア・アヤナス

アスタリフト アヤナスの化粧水と乳液を塗った後、ティッシュで軽く押さえて、さらに少し時間をおいても、なかなか汚れが付きませんでした。バリア力がかなり高いよう。無理やり汚れをつけて軽く拭き取ると、汚れはするっと落ちて、全く残りませんでした。 もっと詳しく>>

No.3はイプサ

イプサ イプサのローションとクリームを塗った後のミカンの皮は、それほどべたつかず、汚れもしっかり付きました。でも、軽く拭き取っただけで、するんと落ちました。若干、皮表面の穴の部分に、ポツポツと汚れが残りました。 もっと詳しく>>

汚れや刺激を寄せ付けない基礎化粧品でニキビを撃退!

今回注目したのは、ニキビの2大要因。乾燥による過剰な皮脂の分泌と、毛穴に溜まりがちな汚れです。肌が乾燥するとバリア機能が低下し、それを補うために、過剰に皮脂が分泌され、汚れや皮脂が毛穴に詰まってニキビができる。この負のサイクルに打ち勝つためには、肌をきちんと保湿し、汚れや刺激から肌を守る働きがある化粧品を選ぶ必要があります。 同じ乾燥肌用化粧品でも、比較的大きな差が出た今回の実験。ミカンの皮と肌への効果は多少違いがあるかもしれませんが、肌を汚れや刺激から守る基礎化粧品は、きちんと探し出すことができました。

乾燥肌ってどんな肌?乾燥肌の基礎知識はコチラ

乾燥肌専用といわれる化粧品全22ブランドを、独自の実験で徹底比較!乾燥によるニキビなどの肌トラブルから肌を守る、バリア機能の高い化粧品をランキングで紹介します。

このページの先頭へ