入浴で乾燥肌を改善する方法

日常生活の中で乾燥肌を改善するためのひとつの方法として、入浴があげられます。毎日シャワーですませてしまっている方はいませんか?シャワーだけだと体の芯から温まることはできませんし、せっかくの天然のスチームを利用することもできません。入浴タイムを活用して、乾燥肌を改善しましょう!

毎日の入浴が肌に与える影響

毎日の入浴が肌に与える影響 入浴は、美肌を目指す方にとって欠かせないものです。温かいお湯にゆっくりと浸かることで、肌や体にとって良いことがたくさんあるのです。まずは、全身の血行を促進する作用。血流が滞っていると、むくみやくすみの原因になり、肌状態が悪化します。血行が良くなれば、皮脂や老廃物を取り除いたり、毛穴が開くことで汚れが落ちたり、心身がリラックスすることでストレスが緩和され、肌の調子も整っていきます。 シャワーだけでは血行も良くならず、ストレス緩和や疲れの解消にもなりません。半身浴などでじっくりと温まることが、美肌につながるのです。

乾燥肌を改善するための入浴法・入浴ポイント!

乾燥肌を改善するためには、お風呂をフル活用することがおすすめです!じっくりと浸かることで心身がリラックスし、ストレスも解消。天然のスチームで肌がやわらかくなり、しっかりと保湿することができます。どんな入浴法が特に効果的なのでしょうか?入浴時のおすすめポイントについてご紹介します。

湯船でしっかりと温まってからクレンジング!

しっかりと温まってからクレンジング!

湯船にじっくりと浸かっていると、毛穴が開いて汗とともに汚れや皮脂が排出されます。このタイミングが、クレンジングに最適!毛穴がしっかりと開ききっているところでクレンジングをすることで、毛穴の奥の汚れまでしっかりと取り除くことができます。毛穴の汚れをしっかり排除することで、化粧水や美容液などの潤い成分も浸透しやすくなります。

乾燥しやすいなら、お風呂の温度に気をつけよう

乾燥しやすいなら、お風呂の温度に気をつけよう

お風呂は熱くなくちゃ嫌、という方も多いかもしれませんが、熱いお湯は体に必要な油分を流してしまい、乾燥を悪化させてしまいます。理想は、38度から39度のぬるま湯。ぬるま湯でも、お腹より下だけ浸かる半身浴を実施すれば汗もたっぷりとかくことができますし、不要なものを排出することができます。

乾燥肌の入浴剤の選び方

乾燥肌の入浴剤の選び方

入浴時にぜひ取り入れたいのが、保湿成分入りの入浴剤です。お風呂上がりが一番乾燥しやすいのですが、肌に保湿成分を吸着させることで、お風呂上がりも水分を蒸発させにくくすることができるのです。乾燥がひどい冬場などは特に、入浴後の乾燥を極力防ぐことができる保湿成分が入った入浴剤を使用しましょう。

お風呂に入る前にメイクを落とすなら、保湿ケアは必須

お風呂に入る前にメイクを落とすなら、保湿ケアは必須

メイクを落としてすぐの肌は、必要な油分までとられている状態なので乾燥しています。この状態で何もケアを行わずに湯船に浸かるのはNG。体が温まり毛穴が開くことで水分が蒸発しやすくなり、角質が水分を抱え込んで膨張し、肌の天然潤い成分が流れ出してしまってさらに乾燥してしまいます。メイクを落としてから湯船に浸かるなら、保湿ケアをした後にしましょう。

入浴とスキンケアで肌質改善!体験談

乾燥肌に悩んでいる方が入浴法をちょっと変えただけでお悩みを解消できたとか!そんな方々の体験談をまとめてみました。どれも簡単にできる入浴法ですから、乾燥肌に悩まされている方はぜひ参考にしてください。

お風呂にしっかり浸かってからやさしく洗顔

お風呂にしっかり浸かってからやさしく洗顔

今までシャワーのみですますことが多かったのですが、最近では湯船にしっかりと浸かった後に洗顔することによって肌トラブルが減りました。ボディケアも同じく、湯船にじっくりと浸かることによって汚れが浮き上がってくるのでこする必要もないのです!お風呂の大切さをやっと実感できました~☆

おすすめはアロマバスオイル!

おすすめはアロマバスオイル!

乾燥肌の方、アロマバスオイル良いですよー!!オイルはその名の通り油分で、オイルを湯船に入れることで全身がオイルに浸かります。香りもいいしリラックスできるし、全身を保湿してくれることで一石二鳥!乾燥が気になる時期はこれで乗り切ってます。

こするのは厳禁!手で体を洗うのがおすすめ

こするのは厳禁!手で体を洗うのがおすすめ

前は、ナイロンタオルで体を洗っていました。でも、顔を始め全身乾燥性敏感肌。こすったところがシミになってきてしまい、慌ててナイロンタオルの使用をやめました!皮膚科の先生に言われ、今は手にボディソープを付けてしっかり泡立ててからなでるように洗っています。顔も同じく、しっかりと泡立ててから洗顔。摩擦が減ったからか、お肌に潤いが戻ってきました。

乳液のダブル使いで乾燥知らず

乳液のダブル使いで乾燥知らず

入浴中に乳液を使うなんてこと今までしていませんでしたが、最近乾燥がひどいので、一度顔や体を洗ってから乳液を塗り、もう一度入浴するようにしました。そしてお風呂からあがったらもう一度乳液を塗るというダブルの乳液使いをしています。この使い方でお肌が全く乾燥しなくなりました。

肌が乾きやすい乾燥肌さん必見!肌に潤いを残すための入浴法・入浴ポイントをご紹介。毎日シャワーですますという方も、この入浴法に変えることで乾燥肌改善へと繋がります!

このページの先頭へ