間違った洗顔が乾燥肌を悪化させる!

年々乾燥肌がひどくなっていくのは、肌にもともと存在する保湿成分が加齢によって減少しているというのも大きな理由ですが、間違った洗顔方法を続けていることよって保湿成分が失われている可能性も。では、どんな洗顔方法だと、必要な保湿成分を失ってしまうのでしょうか?洗顔方法を見直して、乾燥肌を改善しましょう!

洗顔が乾燥肌に与える影響とは

洗顔が乾燥肌に与える影響とは 「お手入れは洗顔に始まり洗顔に終わる」などとよく言われるように、健康的な肌を保つためには洗顔が基本となります。肌は、生活をしていく上で付着してしまうホコリ、古い化粧品や古い角質などで汚れています。肌を健康に保つためにはこれら余分なものをキレイに取り除き、肌を清潔に保つことが大変重要です。肌を清潔に保つことで有効成分も浸透しやすくなり、肌の調子は整っていきます。 しかし洗顔時に肌を強くこすったり洗浄力の強い洗顔料を使用したりすると、角質層の層構造を傷つけ、必要な皮脂や保湿成分まで奪ってしまいます。そんな間違った洗顔方法を改め、正しい洗顔をすることが、乾燥肌の悩み改善へと繋がります。

乾燥肌悪化させない正しい洗顔方法をチェック!

洗顔は、肌を清潔に保つためには必要不可欠なケア。しかし、やり方ひとつで肌状態を悪化させてしまう場合もあります。乾燥肌の場合、肌の潤いを保つ保湿成分を残したまま、汚れだけをしっかり落とすことが洗顔のポイントです。

洗顔料を選ぶときは肌にやさしいものを

洗顔料を選ぶときは肌にやさしいものを

洗顔料を選ぶ際に避けたいのは、メイク落としと洗顔がひとつでできるタイプのもの。このような洗浄力が強いものには、石油由来の合成界面活性剤が使用されていることが多く、肌にある保湿成分やバリア機能を奪ってしまうことがあります。洗顔料は、合成界面活性剤よりも肌にやさしい天然の界面活性剤を使用しているものを選び、少しでも肌への負担を減らしましょう。

クレンジングをする際の注意点

クレンジングをする際の注意点

クレンジング剤を使用する時、少ない量で汚れを落とそうとすると、肌を過度にこすってしまい皮膚のバリア機能を低下させる原因になってしまいます。バリア機能が低下することで乾燥も起きやすくなるので、クレンジング剤はたっぷりと使うようにしましょう。また、シートでクレンジングができるタイプのものも要注意。肌に摩擦を与えてしまうことになります。

たっぷりの泡でやさしく洗うのがポイント!

たっぷりの泡でやさしく洗うのがポイント!

クレンジングをした肌には、まだクレンジング剤や化粧品の残りが存在しています。それをキレイさっぱり落とすために使う洗顔料は、顔に乗せる前によく泡立てることがポイントです。理想は、泡立てネットでもこもこの泡をつくること。顔に乗せ、泡を指の腹で動かすようにして洗顔します。こうすることにより、ムダな摩擦をかけずに汚れだけ落とすことができるのです。

洗顔後も気遣いを

洗顔後も気遣いを

泡を洗いながすときには、ぬるま湯か水で丁寧にすすぎましょう。クレンジング剤や洗顔料は、本来肌表面に残存しないことを前提につくられていますから、全てしっかりと落としきることが大切。また、洗顔後の拭き取りにも注意しましょう。やわらかめのタオルで優しく押さえるように、顔の水分を拭き取ってください。水分が蒸発してからも放置しないよう、しっかりスキンケアをすることが大切です。

洗顔とスキンケアで肌質改善!体験談

「洗顔料を変えて肌質が変わった」「洗い方を改めたらカサカサしなくなった」など、洗顔を見直したことがきっかけで乾燥肌を改善できた方の体験談をご紹介しています。具体的にどのような洗顔方法をすればいいのか迷っている方は是非参考にしてみましょう。

泡立ちやすい洗顔料に変えてから乾燥知らず!

泡立ちやすい洗顔料に変えてから乾燥知らず!

今まで市販のチューブタイプの洗顔料を使っていましたが、洗顔が良くないことに気づき、泡立ちやすいタイプの石鹸の切り替え、さらに泡立てネットを使うようにしたら泡立つ泡立つ…!この洗顔石けんに変えてから、乾燥しにくくなり、肌がもっちりするようになりましたね。

洗顔の頻度を落としたら乾燥しなくなった!

洗顔の頻度を落としたら乾燥しなくなった!

若い頃からオイリー肌で、1日5回は洗顔していました。30代になっても、1日4回の洗顔が日課。皮脂量は減ったのに、ニキビがさらに増えてしまうように…。それが乾燥ニキビだとわかってから、洗顔を1日2回にしました。すると、ニキビの数が減少!明らかに今までとは違う肌のやわらかさを手に入れることができました。

洗顔料の成分にこだわり始めてから肌の調子が良くなった

洗顔料の成分にこだわり始めてから肌の調子が良くなった

今まで全く気にしたことはなかったけど、敏感肌になってから洗顔料の成分を必ずチェックするようになりました。それから防腐剤やエタノールなどを避けるようになり、化学成分無添加のものを厳選。最初は肌のごわごわ感を感じていたけど、1ヶ月後くらいには肌の調子が一気に好転。肌が荒れにくくなり、乾燥しにくくなりました。

ダブル洗顔の方が肌の調子がいい!

ダブル洗顔の方が肌の調子がいい!

以前、「ダブル洗顔はお肌によくない」ことを聞き、メイクも落とせる洗顔料に変えました。ただ、なかなかメイクが落ちずてこずるはめに。当時はすごく肌の調子が悪かったです。ニキビもよくできたし、乾燥もひどくて湿疹がでてしまうほどでした。それからダブル洗顔に切り替えましたが、やっぱりダブル洗顔ですね…。ニキビがなくなり、普通肌に。乾燥しにくくなり、お肌が強くなったような気がします。

肌質を改善する、乾燥肌のための正しい洗顔方法を紹介します。今まで行っていた洗顔方法、間違っていませんか?よかれと思ってやっていたことが、実は肌を傷つけ乾燥肌を招いている可能性もあるのです。

このページの先頭へ