乾燥肌を悪化させないメイク術

毎日のメイクは、肌質によってやり方を変えることで肌トラブル防止になります。化粧品の選び方、ファンデーションの使い方、メイクの落とし方などが肌の状態を左右します。乾燥肌に悩んでいる方は、間違ったメイク方法を今すぐやめ、乾燥を予防してくれるようなメイク方法を心がけましょう。

やり方次第で乾燥肌も悪化!?メイクが肌に与える影響

やり方次第で乾燥肌も悪化!?メイクが肌に与える影響 肌に不必要なものを長時間付着させていると、肌へのダメージに変わり、乾燥やしみなどの肌トラブルを悪化させます。メイク用品の選び方ひとつとっても肌状態を悪化させてしまいます。特に、石油系成分がたっぷりと含まれた化粧品を使うことによって肌老化は進行。しみやくすみなどの年齢特有の肌トラブルが現れ始め、乾燥肌も悪化してしまうでしょう。石油系成分は、時間がたっても落ちないようピタッと密着させ、発色を良くするためにたくさんの化粧品に使用されていますが、刺激が強いことがデメリット。だからこそ、メイクをする人ほど肌にやさしい成分でつくられた化粧品を選ぶべきなのです。

乾燥肌を改善するためのメイク方法を検証

美しく見せるためのメイクでも、間違ったメイク法をしていると肌にダメージを与えてしまう原因になりかねません。正しいメイク方法を知り、乾燥肌を悪化させないようにしましょう。乾燥肌さんに実践してもらいたい、メイク方法検証しました!

敏感肌&乾燥肌でも、おすすめはパウダーファンデーション

敏感肌&乾燥肌でも、おすすめはパウダーファンデーション

クリームやリキッドタイプのファンデーションには液体の中に成分をなじませるための界面活性剤が使用されています。肌への浸透力が非常に強く、残留性も強いので敏感になっている肌に刺激を与えてしまいます。メイク前にしっかりと保湿ケアをしてからパウダータイプのファンデーションを使うことをおすすめします。

スポンジやブラシの使い方には要注意!

スポンジやブラシの使い方には要注意!

メイクの最中に、乾燥肌さんが特に注意したいのが、スポンジやブラシの使い方です。スポンジやブラシを使ってファンデーションやチークなどを塗るときは、こすらず、力を入れずにつけるようにしましょう。乾燥が激しいときは、バリア機能や保湿機能が弱っている状態。そんな時に刺激を与えてしまうと、細胞が破壊されてしまいます。ブラシは毛を寝かせてつけてあげるといいでしょう。

メイク前に化粧水を3回にわけて保湿

メイク前に化粧水を3回にわけて保湿

朝の洗顔後、化粧水を1回だけ使用するだけでは、昼までにはカサカサ肌になってしまう可能性大。メイク前に化粧水を3回に分けて使用しましょう。カサカサ肌にしないためにはたっぷりの水分を補給し、乳液やクリームでフタをするのがポイント。一度化粧水で保湿して、乾いてきたらもう一度保湿、というように複数回に分けることで潤いが持続します。

オフィスのメイク直し時にも保湿に気をつかって

メイク直し用保湿クリームを活用!

乾燥肌さんがメイクをする中で最も困ってしまうのが、オフィスでのメイク直しではないでしょうか。ミストタイプの化粧水をシュッとひとふきするのもおすすめですが、中にはさらに水分が奪われ乾燥が悪化してしまうという方も…。メイク直し専用に、「メイクの上からOK」の保湿効果が高い乳液やクリームを用意するのもおすすめ。こすらずに手のひらでやさしく押さえるように塗りましょう。

乾燥肌さんにおすすめのメーク品はこれ!

ファンデーションを塗ってもなかなか上手くのらない・・などと悩んでいる乾燥肌さんも多いのではないでしょうか?メーク品ではありますが、乾燥肌さんはスキンケア同等の保湿効果のあるものを選ぶことをおすすめします。メークをしながら乾燥肌を改善していきましょう!

BBクリーム おすすめは、ディセンシア「アヤナスAS BBクリーム」。 保湿力・浸透力の高い「ヒト型セラミド」や「ヒアルロン酸」などの保湿成分を配合し、保湿機能に優れたこのBBクリームは、乾燥肌さんでも安心して使用することができます。さらに、独自の特許技術「ヴァイタサイクルヴェール®」を採用し、外部刺激を徹底的にブロックしてくれるので、乾燥肌が悪化し敏感肌に傾いた方でも安心!毛穴カバーやUVカットなどのファンデーションとしての機能はもちろんのこと、エイジングケア機能も兼ね備えた優れものです。

ディセンシア
アヤナスAS BBクリーム
容量25g
4.320円(税込)

公式HPはコチラから

メイクとスキンケアで肌質改善!体験談

肌のバリア機能が弱い乾燥肌にとって、毎日のメイクはどうすべきか悩んでしまうもの。そこで、乾燥肌の方のとっておきメイク術を公開!また、こんなメイクをしたら化粧崩れしなくなった!という声も。

ファンデーションは叩き込むのがコツ!

ファンデーションは叩き込むのがコツ!

パウダーを愛用中。今まで、こするようにして塗っていましたが、それでは乾燥肌がさらに荒れてしまうということを聞いてからやり方を変えてみました。こするのではなく、叩き込む!摩擦を与えずに叩き込むように動かしていくと、驚くほどキレイに塗れます!よく肌荒れを起こしていたけど、ファンデーションの塗り方を工夫するようになってから肌荒れもしなくなりました!

メイク前の徹底保湿で1日潤い持続

メイク前の徹底保湿で1日潤い持続

乾燥肌だとファンデも浮いてしまってキレイに仕上がらないんですよね…。下地をたっぷりつけて、化粧直しにミストをかけて、というメイク方法を実践しても全然ダメ。そこで、メイク前にしっかり保湿をすることに。化粧水をたっぷりつけ、乳液でフタをしてからメイクをしたら、バッチリ! メイクじゃなくスキンケアに時間をかけることで潤いが持続しますよ。

ファンデーションには美容液を混ぜて

ファンデーションには美容液を混ぜて

乾燥肌の私にとって、メイクの中で一番悩みの種だったのがベースメイク。朝は完璧でも、会社につく頃にはもう乾燥にやられてカサカサに。今まで試してきた中で、一番乾燥を抑えられたのがリキッドタイプのファンデーションに美容液を混ぜること。肌の負担も和らげることができるし、ピタッと肌にはりついて化粧崩れしにくいです。

化粧水パックと人肌に温めたベースメイクで乾燥知らず!

化粧水パックと人肌に温めたベースメイクで乾燥知らず!

これが一番良かった!メイクをする前に、コットンに化粧水をたっぷり染み込ませてパックします。パック後に蒸発しないよう乳液でフタをしてから、メイクに入ります。乾燥肌にとって化粧下地は必須ですよ!化粧下地もコットンを使うんじゃなく、手のひらにとり、人肌に温めてからお肌に塗っていきます。こうすると吸着力が高まって、崩れにとても強くなるんです。

肌がカサカサになりやすい乾燥肌さんのための、メイク方法を紹介します。乾燥肌さんは、どんなにメイクに時間をかけてもすぐにファンデが浮いてしまうもの。どんな工夫をしたら化粧崩れをせず、美しく仕上がるのでしょうか。

このページの先頭へ