冬が来る前にしておきたい!秋の乾燥肌ケア

冬が来る前にしておきたい!秋の乾燥肌ケア

暑い夏が終わり、涼しくなり始める秋。お肌のベタつきもなくなり快適に過ごせるようになるのと同時に、急激に乾燥を感じる方も多いのではないでしょうか。暑い季節から寒い季節へと変化する秋は、お肌によっては要注意な季節でもあります。
秋のお肌のお悩みとして、バリア力が低下してデリケートになってしまうことがあげられます。少しの乾燥でもお肌の調子が悪化することがありますから、保湿ケアは念入りに行うべきでしょう。秋のうちは無事でも、冬に突入することで一気にお肌の調子が崩れるということもよくあること。秋のうちに、冬の乾燥にも負けないお肌をつくっておきたいですね。

秋の乾燥肌ケアポイント

その1:秋の保湿ケアは徹底的に!冬を迎える前に、乾燥に負けない肌づくりを。

その2:バリア機能を高めるケアを心がけましょう。

その3:油分を補給して、潤いのベールで肌を守りましょう。

秋の乾燥肌対策にオススメの化粧品はこれ!!

暑い夏から寒い冬に移り変わる季節である秋。温度差が激しく体調を崩しやすい時期でもあると同時に、肌にも負担を与えやすい時期でもあります。角層には夏に紫外線などのダメージを受けたお肌が蓄積し、そこに急激な温度差や湿度の変化が加わることでお肌は乾燥しやすくなります。
さらに、急激な温度差や湿度の変化はお肌のバリア機能も低下させてしまうのです。
この時期は、保湿ケアをしっかり行い、お肌のバリア機能を高めることが重要になってきます。

ディセンシアの「アヤナス」 おすすめは、ディセンシアの「アヤナス」
バリア機能を高める独自の特許技術である「ヴァイタサイクルヴェール®」が乱れた角層を乾燥などの外部の刺激からブロックしてくれます。また、セラミドの中でも保湿力・浸透力の高い「ヒト型セラミド」をナノ化して配合しているので、角層のすみずみまで徹底的に保湿をしてくれます。
バリア機能を高めながら徹底保湿ができる優れものです。
特にクリームは油分たっぷりで乾燥しやすい秋の時期には特にオススメ。潤いのベールでお肌をしっかり守りましょう!

詳細はこちら >>

秋の乾燥はこれが原因!

秋の乾燥はこれが原因! 秋に肌が乾燥する主な原因は、夏に浴びた紫外線によるダメージです。夏が終わり、涼しくなってくると、肌からツヤが失われたようなカサカサ感を感じることがあります。 これは、紫外線が肌の表面である表皮細胞に悪影響を及ぼした結果、機能が不十分な細胞が多くなることで角質層における保湿機能やバリア機能が低下してしまうことで起こる乾燥です。また、秋になると空気が乾燥してきますので、さらに乾燥は悪化。カサカサ感を感じなかったとしても、夏の紫外線は確実にお肌に悪影響を及ぼしていますから、秋にはよりお肌をいたわるようなケアを心がけましょう。

夏の紫外線が乾燥しやすい秋の肌をつくる!

夏の紫外線でダメージを受けている秋の肌。これ以上の刺激や摩擦は極力避けましょう。バリア機能が衰えている可能性が高いので、刺激を与えることによってさらに乾燥しやすい敏感な肌になってしまいます。 まずは皮膚表面に残っている汚れや古い皮脂を丁寧に取り除きましょう。古い角質が残っていると、肌の保湿機能やバリア機能に悪影響を与え、乾燥が激しくなり肌はくすみがちに。 とはいえ、ゴシゴシこするように洗顔しては余計なダメージを与えてしまうことになりますから、たっぷりの泡でなでるように汚れを吸着させて取り除いていきましょう。

空気の乾燥で肌もカサつきがちに!肌本来の保湿作用をアップ!

夏はエアコンなどで室内の乾燥が気になりますが、秋はそれにプラスして外の空気も乾燥してきます。一日中乾燥した空気に包まれる秋は、肌本来の保湿作用をアップさせることが大切。化粧水・美容液・保湿クリームといった基本的なスキンケアにプラスして、肌の状態を常に健康に保つようにしましょう。 正しい洗顔はもちろんのこと、メイクをしなくても良い日は極力しない、メイクが必要ないときはすぐに落とす、エアコンなどの風を避けるなど、ダメージの少ない生活を送るといいでしょう。洗顔後の肌は乾燥しやすくなっていますから、洗顔後にはすぐに保湿ケアを!

夏のダメージが蓄積…秋の疲れ肌には、集中保湿ケアを!

エアコン、紫外線など、夏のダメージが蓄積されている秋の肌は疲れ気味。とにかく保湿ケアをすることが大切です。洗顔をした後には必ず保湿ケアをするのはもちろんですが、お手入れを朝晩に限定する必要はありません。 乾燥からお肌を守るためには、日中のケアがポイント。化粧水や乳液などを携帯し、肌の乾燥を感じたら補っていきましょう。ファンデーションの上からでも保湿効果は十分にあります。 夜のケアも、パックやスチームなどを多用して、贅沢すぎるくらいの保湿ケアを心がけること。そうすると、夏のダメージがカバーでき、冬の乾燥にも負けないお肌を目指せるはずです。

秋の乾燥肌ケアまとめ

秋の肌は、夏の紫外線の影響でダメージが蓄積されています。そのまま放置しておくと、乾燥が進行し、くすみやしみの原因に。化粧水、乳液、保湿クリームといったスキンケアの基本をしっかりおさえ、洗顔後は必ずケアをするようにしましょう。洗顔の方法にも気配りを。余計なダメージを与えないためにも、汚れや古い角質を丁寧に取り除き、本来の保湿機能をアップさせることが先決です。ゴシゴシこするとバリア機能を乱れさせてしまうので、たっぷりの泡でやさしく洗顔しましょう。
また、朝晩に限らず日中も保湿ケアをすることをおすすめします。

乾燥肌向けオススメ化粧品ランキングはこちら 乾燥肌ってどんな肌?乾燥肌の基礎知識はコチラ

涼しくなり始めた秋に、乾燥肌さんがしておきたいスキンケアを紹介します。秋の乾燥肌は、夏の紫外線やエアコンのダメージが蓄積されており、大変疲れた状態に。冬に持ちこさないためにも今すぐ正しいケアを始めましょう!

このページの先頭へ