乾燥のピーク!冬の正しい肌ケアとは?

乾燥のピーク!冬の正しい肌ケアとは?

急激に寒くなる冬。冬といったら、乾燥の季節です!乾燥肌さんにとっては憂鬱な季節になりそうですが、正しい保湿ケア方法を知っていればそれほど乾燥に悩まされずにすむはず。 乾燥肌トラブルのピークは、一気に寒くなってくる1月から2月だといわれています。エアコンを使うことでより乾燥しやすくなってしまいますから、エアコンをつけるときは加湿器を使って湿度が下がりすぎないようにしましょう。理想は、60%の湿度をキープしておくこと。環境に気を使うだけでも、乾燥肌に悩まされることは減るでしょう。

冬の乾燥肌対策・ポイント

その1:乾燥が激しく肌がデリケートになる時期。余計な刺激を与えないよう、洗顔には特に気をつけて!

その2:より保湿力をアップさせるためにも、やさしく手でパッティング、素早いケアがカギ!

その3:口元、目元、眉間など、ケアしたつもりがカサカサに…!皮膚が薄い部分は集中的にケア!

冬の乾燥肌対策にオススメの化粧品はこれ!!

気温も湿度も下がり、空気も乾燥する冬。室内に入っても暖房の影響で乾燥していることがありますよね。肌にとっては最も過酷な季節になり、普段乾燥が気にならない方でも乾燥トラブルが起きやすくなります。空気の乾燥に加え、気温が下がることで血行が悪くなり、汗や皮脂も出にくくなるためお肌が乾燥しやすくなるのです。
特にこの季節は水分と油分の両方をたっぷり補給していく必要があります。また手足が冷えると新陳代謝が悪くなり、くすみやすくなるので、温めるケアも心がけると良いでしょう。

ディセンシアの「アヤナス」 おすすめは、ディセンシアの「アヤナス」
保湿成分として知られている「セラミド」の中でも保湿力・浸透力の高い「ヒト型セラミド」をナノ化して配合しているので、乾燥して荒れてしまった角層をすみずみまで徹底的に保湿をしてくれます。さらに、バリア機能を高める独自の特許技術「ヴァイタサイクルヴェール®」を採用することで乾燥などの外部刺激からお肌を守ってくれます。
クリームには油分もたっぷり含まれているので乾燥が気になる季節には特にオススメです!水分、油分をしっかり補い、真冬でも乾燥知らずの潤い肌を目指しましょう。

詳細はこちら >>

冬に乾燥で悩む人が急増する原因とは?

人の皮膚は、油分と水分でバランスを保っているのですが、冬は空気中の水分が少ないため肌の水分が奪われてしまい、乾燥しやすくなります。その上、気温が下がることで血行不良に陥り肌の内側からの水分補給が減ってしまいます。気温も低く湿度も低いため、皮脂の分泌量が減り乾燥を起こしやすくなるのです。実際、春や夏にはそれほど肌のカサつきを感じないけれど、冬になると乾燥肌になる、とう人も多くいます。 冬に乾燥肌に陥ってしまうことは自然なことではあるのですが、徹底した保湿ケアを行うことで、肌の乾燥を抑えることは十分可能。だ毎年乾燥肌に悩まされている方は、今年こそ乾燥知らずのお肌を目指しましょう!

冬にやりがちなお湯洗顔は、乾燥肌の原因のひとつ

寒いからといって熱いお湯で洗顔をしてしまうのはNG!肌の潤いを保つのに必要な皮脂や水分まで洗い落としてしまい、乾燥肌の原因となってしまいます。 クレンジングや洗顔は、水に近いくらいの常温水を使うのがベスト。 また、時間をかけてじっくりと洗いがちですが、洗いすぎも肌に必要な皮脂やセラミドなどの保湿成分まで取り除いてしまうので注意が必要です。 クレンジングと洗顔は、なるべく短時間ですますようにしましょう。2分以内に収めると必要な保湿成分も洗い流してしまわずにすみます。

最大の原因は空気の乾燥、素早いケアが大事!

冬は空気が乾燥していることで、湿度が高い時期に比べるとすぐに肌が乾燥してしまいます。スキンケアをするのは洗顔後、肌についた水分が急激に蒸発し、肌がもっとも乾燥しやすいタイミングですぐに保湿ケアを行うのがポイントです。 化粧水でたっぷりと潤したからといっても油断は禁物です。その水分ですら蒸発してしまいますから、化粧水を塗った後にはすぐ美容液やクリームによる保湿ケアを行いましょう。コットンよりも、手でなじませてやさしくパッティングしてあげることで保湿力がアップします。

目元や口元など、皮膚が薄い場所は乾燥しやすい

肌全体が乾燥していたとしても、さらに乾燥しやすいのはやはり皮膚が薄い目元や口元。ケアしていたはずが、気づいたらこの部分だけカサカサになっていたというのもよくある話です。顔全体をケアした後は、目元や口元など、特に乾燥を感じやすい部分を徹底ケアしましょう。腹の指を使って力を入れずに、いつもの美容液やクリームを繰り返し重ねて馴染ませることがポイント。 ちなみに、唇が渇くとなめる仕草。なめた水分が蒸発するときに唇の水分ごと乾いていくので逆効果です。唇の乾燥を感じたらリップクリームで保湿しましょう。

冬の乾燥肌ケアまとめ

冬は特に乾燥が気になる季節です。空気自体が乾燥しているので、エアコンを使うときには加湿器を使って湿度を保つなど、環境から乾燥していない空間をつくることが大切です。 また、肌全体を保湿ケアしていたつもりが、口元や目元などの皮膚の薄い部分がカサカサになることもよくあること。洗顔後に化粧水をすぐに塗っても蒸発してしまう恐れがあるので、その後間を置かずに美容液やクリームなどでケア。そしてお肌全体をケアした後に、口元、目元、眉間など、特にカサカサしてしまう部分を集中的にケアしましょう。

乾燥肌向けオススメ化粧品ランキングはこちら 季節別乾燥肌ケアはこちらら 乾燥肌ってどんな肌?乾燥肌の基礎知識はコチラ

冬にぜひしておきたい、乾燥肌対策をご紹介します。冬は間違った方法でケアすると、あっという間にガサガサ肌に!正しいやり方で徹底的にケアすることが大切です!乾燥肌さんにおすすめのケア方法やポイントをチェック!

このページの先頭へ