年代別トラブルマニュアル~乾燥肌編

生活習慣の見直しで乾燥肌を改善! 同じ乾燥肌体質の方でも、年代によって症状や発生する肌トラブルが異なります。まだハリがあり乾燥肌と全くの無縁だと思われがちな20代だって、深刻な乾燥肌の悩みを抱えている方も少なくはないのです。30代で肌が衰えはじめ、40代で衰えが加速し、50代になると、今までなかったような肌トラブルが突然発生します。乾燥肌によるトラブルを防止するには、こ年代に合わせた改善法を積極的に取り入れるのがおすすめ。では、年代別でどのようなスキンケアをしたらよいのでしょうか。

年代別の乾燥肌の特徴とは

乾燥肌により引き起こされる肌トラブルは様々ですが、年代によって乾燥肌の原因や改善方法は異なるものです。20代ではターンオーバーの周期が28日で、40代では55日になるように肌の状態が違っているため同じようなスキンケアでは症状は改善されません。年代別の肌の特徴と改善方法をチェックしてみましょう。

  • 20代

    20代
  • 30代

    30代
  • 40代

    40代
  • 50代

    50代
  • 20代

  • 30代

  • 40代

  • 50代

  • 20代前半はケアしなくとも健康的だったのに、20代半ばになってから保湿成分が減少し、新陳代謝も衰えていく。
  • メイクをする頻度があがり、ゴシゴシと洗顔してしまうことでお肌にもともとあった保湿成分が失われてしまう。
  • 多忙な生活の中で食生活や生活リズムが乱れ、睡眠時間も短くなり、ターンオーバーが滞ることで肌がカサつく。
CHECK IT OUT!

20代の肌と乾燥の関連性について

ぷるぷるといつでも潤っているように思われがちな20代の肌ですが、過剰な洗顔や、間違ったスキンケアにより乾燥肌へと陥る方も増えています。特に、洗顔のしすぎには要注意。ニキビやテカりが気になるからといってゴシゴシと過度に力を加えた洗顔をしてしまっては、肌を乾燥から守っているバリア機能や、潤いを与えている保湿成分などが激減してしまい、肌は乾燥しやすくなってしまうのです。 20代の乾燥肌は老化によるものではないため、20代からすでに乾燥を感じてしまっている方は、日頃のスキンケアや生活習慣を見直すようにしましょう。

さらに詳しく見てみる
  • ニキビやメイクの残りが気になり、ゴシゴシと洗顔しすぎてしまうことによって乾燥しやすくなり、カサつきがちに。
  • しわやたるみを防いでくれるセラミドなどの保湿成分が減少することによってハリも感じられなくなる。
  • 仕事で責任あるポジションを任されたり、家事や育児に追われたりすることでストレスが溜まり、肌状態が悪化する。
CHECK IT OUT!

30代の肌と乾燥の関連性について

30代にもなると、肌には老化の影響が現れ始めます。乾燥を感じた方は、肌にもともとある保湿成分が減少していることが一番の原因としてあげられます。また、肌のテカりが気になるからといってゴシゴシと洗顔しすぎていませんか?間違ったスキンケアが何よりも乾燥肌に悪いので、自己流のスキンケアをしてきた方は今すぐ改めるべきです。仕事や育児などによるストレスも乾燥肌の要因となりますので、心当たりのある方はストレスを少しずつ解消できるような余裕を、生活の中にもたせるようにしましょう。

さらに詳しく見てみる
  • 新陳代謝にかかる日数が20代のおよそ倍になることで、肌トラブル解消に時間がかかる。
  • 加齢によって、皮脂の分泌量が減少。天然の保湿作用の働きが衰えることで、乾燥肌へ陥る。
  • 加齢によって、もともと存在していた保湿成分、セラミド、ヒアルロン酸などが減少することで乾燥肌に。
CHECK IT OUT!

40代のお肌と乾燥の関連性について

30代でお肌の老化を実感し、40代ではその老化が加速します。しみやくすみ、しわやたるみなどの年齢肌トラブルがあらわれはじめ、乾燥することで悪化するので保湿は大変重要です。 保湿成分が減少するだけでなく、ターンオーバーの周期が20代の倍になってしまうのも乾燥肌悪化の要因。ターンオーバーが滞ってしまうと角質層が厚くなり、死んだ細胞が表皮に現れることによってゴワゴワカサカサとした乾燥肌になってしまいます。バリア機能も低下している状態なので、肌はデリケートになりさらに乾燥がすすんでしまうことでしょう。

さらに詳しく見てみる
  • 天然の保湿成分である皮脂の分泌量が低下。お肌の保湿作用が衰え、乾燥することで肌トラブルが悪化。
  • 保湿に必要な、もともと皮膚に存在している成分、セラミドやアミノ酸などが減少することで乾燥しやすくなる。
  • 活性酸素を分解する力が衰えることにより、お肌がサビやすくなり、乾燥の影響を受けやすくなる。
CHECK IT OUT!

50代のお肌と乾燥の関連性について

40代に引き続き、お肌に必要な保湿成分、セラミドやヒアルロン酸が減少していきます。また、活性酸素を除去するための抗酸化力が衰えることも、乾燥の影響を受けやすい原因のひとつ。空気に触れるだけで活性酸素の影響を受けますが、ストレスや喫煙、不規則な生活習慣により増加します。20代では95%の活性酸素を分解できていたのに、50代では50%程度しか分解されなくなってしまい、老化が促進。乾燥肌も悪化するため、抗酸化力の高い化粧品や食べ物を取り入れるようにしましょう。

さらに詳しく見てみる

年代別におすすめのスキンケア方法を紹介

20~50代まで、乾燥に悩まされている方のためのスキンケア方法をご紹介します。乾燥肌によってもたらされる肌トラブルにはしみやくすみ、しわなどがありますが、それは年代によって大きく異なります。20代では隠れ乾燥肌の方も多いですが、50代では見るからに乾燥の影響を受けた肌トラブルが続出してしまうのです。各年代では、どのようなスキンケア方法をしたらいいのでしょうか?

20代乾燥肌のためのスキンケア

20代乾燥肌のためのスキンケア

20代の乾燥肌の悩みの多くが、間違ったスキンケアによるもの。20代ではまだ天然の保湿成分もたっぷりと存在しているため、乾燥はそれほど進まないのが一般的なのです。乾燥肌になってしまったらどのようなケアをするべきなのでしょうか?

20代の対策を見る
30代乾燥肌のためのスキンケア

30代乾燥肌のためのスキンケア

30代になると、少しずつ加齢の影響による肌トラブルが発生します。乾燥肌も、加齢による肌トラブルのひとつ。皮脂の分泌量やもともと肌に存在する保湿成分が減少することで乾燥を招いてしまうのですが、どのようなスキンケアをするべき?

30代の対策を見る
40代乾燥肌のためのスキンケア

40代乾燥肌のためのスキンケア

40代になると、30代に感じた肌老化がさらに加速します。30代に引き続きもともとある保湿成分などが減少していき、自ら潤わせることができなくなってくることで肌トラブルが発生。そんなお肌に最適なスキンケア方法とは?

40代の対策を見る
50代乾燥肌のためのスキンケア

50代乾燥肌のためのスキンケア

50代では40代の頃に現れ始めた加齢の影響による肌トラブルがさらに進行。保湿成分の減少もすすむため、常に保湿を心がけたスキンケアが重要です。50代の肌ではどのようなことが起き、どのようなスキンケアをするべきなのでしょうか?

50代の対策を見る

年代によって違う、乾燥肌の症状、スキンケア方法をご紹介しています。20代の肌状態と50代の肌状態が全く違うように、改善するためのスキンケア方法も異なるのです。乾燥肌の方が気をつけるべき生活習慣も紹介。

このページの先頭へ