後半から肌状況が一転!?20代のスキンケアはこうすべき!

若さみなぎる20代。20代というと、ツヤがありシミやくすみも目立たないキレイな肌というイメージがありますよね。でも実際は、20~25歳くらいで肌の保湿成分が減少し、新陳代謝も衰えてきます。10代の頃は全く乾燥を感じていなくても、20代から突然乾燥肌に陥る方も少なくありません。 20代前半と後半では肌の調子はかわってきますが、20代前半から適切なスキンケアを心がけることが大切!20代後半になっても、守りと攻めの保湿ケアで乾燥肌トラブルを解消しましょう。

20代の乾燥肌~3つの特徴

その1:まだテカりも気になる20代。洗顔のしすぎで必要な皮脂を取り除き、乾燥肌に。

その2:新社会人としてストレスも溜まりやすい20代。ストレスが溜まると肌のターンオーバーも乱れがちになり、乾燥肌も悪化!

その3:多忙な生活の中食生活が偏りやすく、睡眠や生活習慣が乱れがちになることが肌に悪影響!

20代の 乾燥肌が化粧品を選ぶポイントは3つ

「セラミド」などの保湿成分が配合されている:乾燥肌を改善するためにはしっかりとお肌内部に水分を与えることが重要になります。お肌の「水分量」は年齢を重ねるごとにどんどん減少していきます。20代のうちから「セラミド」などの保湿成分が配合されている化粧品を使うことで乾燥トラブルを解消していくことができるでしょう。

刺激を感じやすい成分が入っていない:乾燥していると刺激を感じやすくなります。特に「アルコール」や「合成香料」などは種類や配合量によって刺激を感じやすい恐れがあるので、事前にパッチテストを行うと良いでしょう。

外部の刺激からお肌を守る成分が配合されている:ターンオーバーが乱れたお肌や乾燥したお肌は肌表面にある角層が乱れがち。乱れた角層を外部の刺激からブロックしてくれる成分が配合されていたり、バリア力の高い化粧品を選ぶと良いでしょう。

20代乾燥肌にイチオシの化粧品はこれ!!

年齢とともに減少してくるお肌の水分量。25歳を境に肌の皮脂分泌量は除々に低下し、肌が本来もっている保湿成分も減少してくるといわれています。
また、乾燥肌は肌表面にある角層が乱れ外部の刺激が入りやすくなっているため、外部の刺激からお肌を守ってくれるバリア力の高い化粧品を選びましょう。

ディセンシアの「つつむ」 おすすめは、ディセンシアの「つつむ」
セラミドの中でも保湿力の高い「ヒト型セラミド」をナノ化して配合することにより、乾燥によって乱れた角層のすみずみまで浸透して徹底保湿。さらに独自の特許技術である「ヴァイタサイクルヴェール®」を採用し、角層をつつみ、外部刺激からブロックしてくれます。外部の刺激からお肌を守りながら、水分蒸散を防いでくれます。
また、「アルコール」や「合成香料」など刺激として感じやすい成分を一切配合していないので、乾燥で敏感な状態になっている方でも安心して使用できます。

詳細はこちら >>

20代のスキンケア方法はここがポイント

25歳はお肌の曲がり角とよくいわれていますが、20代前半から徐々に肌の状態が変わってきます。20代も後半になると新陳代謝に時間がかかるようになり肌はくすみがちになりますし、加齢によって皮脂の分泌が減ることによって脂性肌から乾燥肌に変化することが多いようです。 20代で肌が乾燥しやすくなるのは生活習慣の変化やストレスも関わってきますが、間違ったスキンケアも大きな原因に。まずは洗顔方法とスキンケアを見直し、保湿ケアをしっかりと行うようにしましょう。

まずは洗顔方法の見直しから

20代で乾燥肌になってしまった方の多くが、10代の頃から間違ったスキンケアをしてきているようです。特に洗顔に関しては、正しい方法で行っていない方が大多数。 洗顔料を直にお肌に乗せ、顔の上で泡立つまで擦る、なんて洗顔方法はしていませんか?この繰り返しで肌のバリア機能は衰え、乾燥しやすい肌になってしまいます。正しい洗顔方法は、洗顔料をネットなどでしっかりと泡立ててから、肌にのせてなでるように汚れを吸着させる方法。クレンジングだけではメイクや汚れが残る場合があるので、ダブル洗顔で残った汚れもしっかりと洗い流しましょう。

油分を補うよりも、肌質自体を改善することが大切!

お肌の変化が著しいのは、20代半ばほど。オイリー肌だった方も乾燥肌に傾き、乾燥しやすかった方は肌のくすみに悩むようになります。20代ですでに深刻な乾燥肌に悩んでいるのであれば、乾燥するからといって油分をプラスするだけの保湿ケアをするのではなく、肌質自体を改善していくケアが必要でしょう。 肌の水分状態を維持するセラミドなどの有効成分はおすすめ。クリームでフタをするだけのケアではなく、ローション、美容液などで、水分をしっかりと補給し閉じ込めてくれるようなスキンケアを心がけましょう。

体質が変わってしまう20代。生活習慣を改善!

新社会人になり、環境がガラリと変わってしまう20代は、生活習慣の乱れから体質から変わってしまう方が多いです。痩せにくくなったと感じたなら新陳代謝に時間がかかっている証拠。そのうちシミやくすみも出てきてしまいますから、新陳代謝を活発にするための生活習慣を心がけましょう。大切なのは、睡眠と運動。もちろん食生活も大切ですが、睡眠不足と運動不足はすぐに肌に影響を与えるため、常にこの2点に気を遣うようにしましょう。

20代のスキンケアまとめ

20代前半から後半にかけて、徐々に肌は変化していきます。20代前半まではどんなに潤っていても、ケアを怠っていると突然肌の状態が変化するのです。25歳くらいから肌の水分が失われ、新陳代謝にも時間がかかるようになりますが、20代のうちはただ油分で補うのではなく肌質から改善するための努力が必要!生活習慣を見直す、洗顔方法を見直す、間違ったスキンケアを見直すなど、正しいケア方法に変えるだけで肌の調子は各段とアップするはずです。

乾燥肌向けオススメ化粧品ランキングはこちら 乾燥肌ってどんな肌?乾燥肌の基礎知識はコチラ

お肌の曲がり角といわれている20代は、これまでと同じスキンケアではケアしきれない肌トラブルが出てくる年代。20代前半から後半ではお肌の状態が全く違ってきますから、日頃から正しいケアを心がけましょう。

このページの先頭へ