30代のスキンケアポイントは?正しいケアで肌トラブル回避!

加齢による肌トラブルがあらわれ始める30代。今までどれスキンケアを怠ってきたかがわかってしまう年代でもあります。そんな30代に多い肌トラブルが、乾燥肌による小じわやくすみ。今までどんなにスキンケアに気をつかってきたとしても、メイクを頻繁にし洗顔に時間をかけてきた方は、洗顔のしすぎで肌が乾燥肌に傾きがち。小じわやくすみが現れ始めてから、エイジングケア化粧品デビューをする方も多いのでは? では、そんな30代はどのようなエイジングケアをするのがベストなのでしょうか?30代で乾燥肌に悩む方におすすめのスキンケア方法をご紹介します。

30代の乾燥肌~3つの特徴

その1:しわやたるみなどを防いでくれる細胞間脂質「セラミド」が、30歳くらいから減少することでカサカサに。

その2:テカりやニキビなどを気にして、ゴシゴシと洗顔しすぎることにより天然の保湿成分が減少。

その3:女性ホルモンの低下、ストレスの多い生活から肌の状態が乱れ、乾燥しやすい肌に。

30代の乾燥肌が化粧品を選ぶポイントは3つ

「セラミド」などの保湿成分が配合されている:30代に突入して徐々に減少し始めるのが肌にもともと存在している保湿成分である「セラミド」や「ヒアルロン酸」。これらの成分をしっかり補ってくれる化粧品を選びましょう。

肌の刺激となる成分が入っていない:乾燥していると刺激を感じやすくなります。特に「アルコール」や「合成香料」などは肌の刺激となる恐れがあるので、事前にパッチテストを行うと良いでしょう。

エイジングケアが配合されている:30代でエイジングケアは早いと思いがちかもしれませんが、肌のハリや弾力を保つコラーゲン、エラスチンは20代をピークに減少していきます。徐々にエイジングケアを意識した化粧品を選びましょう。

30代乾燥肌にイチオシの化粧品はこれ!!

30代になると増えてくる悩みNo.1が「乾燥」。25歳を境に肌の皮脂分泌量は徐々に低下し、肌が本来もっている保湿成分も減少してくるといわれています。また水分を保持する力も徐々に衰え始めるので、積極的に保湿成分を取り入れることを意識して化粧品を選びをしましょう。
また、30代から徐々にエイジングケアを意識しておくと40代からの肌老化スピードを遅らせることができます。

ディセンシアの「アヤナス」 おすすめは、ディセンシアの「アヤナス」 セラミドの中でも保湿力・浸透力が高い「ヒト型セラミド」を配合し、肌を徹底的に保湿してくれます!また、特許技術である「ヴァイタサイクルヴェール®」が角層をつつみ、外部刺激をブロックしてくれるので、乾燥で敏感な状態になっている方でも安心して使用できます。 また、ポーラ研究所オリジナル成分「CVアルギネート」がコラーゲン産生を170%アップし、ハリ・弾力アップに作用するので、同時に「エイジングケア」も。早目のエイジングケアが実現できます!
さらに、ストレスによる肌荒れに着目したオリジナル複合成分「ストレスバリアコンプレックス®」を配合。仕事や睡眠不足などの日常のストレスによってダメージをうけた肌を内側からしっかりケアしてくれるんです!

※本品の発売は2016年11月1日からになります。

詳細はこちら >>

30代乾燥肌がスキンケアにおいて気をつけるべきこと

25歳頃から肌の曲がり角を迎え、30代に突入すると徐々に肌に必要な保湿成分が減少します。今までと同じスキンケアをしててもなんだかお肌がカサカサする・・・なんてことも。
化粧品の見直しももちろん大事ですが、毎日行っているスキンケア方法も見直しが必要です!正しいスキンケア方法で潤いあるお肌を維持しましょう!

ポイントクレンジングで、過剰な洗顔を避ける

メイクをするのなら、しっかりと汚れを落とすためにダブル洗顔は必須です。クレンジング剤だけでは洗い残しが多く、余計肌にダメージを与えてしまうのです。とはいえ、過剰な洗顔は乾燥肌の要因のひとつ。オイルクレンジングでは、肌に存在するセラミド(油分)とのバトルになり必要なセラミドまで落としてしまうため、オイルクレンジングのしすぎは乾燥を招きます。潤い成分を守るためにも、オイルクレンジングはアイメイク、眉、リップなどのメイクが濃い部分にのみ使用するといいでしょう。ポイントクレンジングで、潤いを守る洗顔を心がけましょう。

洗顔、スキンケア、マッサージは摩擦を避けるよう意識する

30代になると、目立ち始めたしみや小じわをケアしようと、今まで以上に念入りにスキンケアするようになります。しかし、洗顔、スキンケア、フェイスマッサージなどでやってしまいがちなのがゴシゴシと摩擦をしてしまうこと。摩擦はお肌を敏感にさせ、乾燥しやすくする一番やってはいけないこと! 洗顔をするときはたっぷりの泡でなでるように、顔を拭くときもタオルで押さえるように、スキンケアをするときは手のひら全体をつかってやさしく包み込むように、マッサージは指の腹をつかい適度な強さでこすらないようにするなど、意識して摩擦を与えないようにしましょう。

化粧品は、春夏秋冬保湿力の高いものを選ぶ

乾燥しやすいのは冬だけだと思っていませんか?実は春夏秋冬一年を通して肌は乾燥しやすくなっています。特に、夏場は汗を流すことで肌が湿っていることが多く、冬ほど乾燥を感じない人も多いと思います。しかし、汗によって保湿成分が流され、エアコンの風にあたることで乾燥は悪化。20代のうちは、春夏に乾燥ケアを怠っても秋冬にそれほど影響はありませんでしたが、30代に入ると2シーズンの怠りはどうしても肌に現れてしまいます。どんなに肌が潤っていると感じても確実に乾燥は進んでいますから、春や夏にも保湿力の高い化粧品を選ぶようにしましょう。

30代スキンケアまとめ

肌に存在する保湿成分は30代に突入してから急激に減少し始めるため、30代になってから肌の調子が変化たことを実感している方は多いです。 まずするべきことは肌への摩擦や刺激を意識的に減らすこと。クレンジング、洗顔、スキンケア、マッサージなど念入りにケアするのはいいのですが、あまり肌に刺激を与えてしまうと肌が敏感になり乾燥肌が悪化してしまいかねません。摩擦を減らし、保湿ケアを徹底することで30代の乾燥肌はだいぶ和らぐはずです。

乾燥肌向けオススメ化粧品ランキングはこちら 乾燥肌ってどんな肌?乾燥肌の基礎知識はコチラ

お肌の曲がり角を迎え、急激に乾燥がひどくなっていく30代。そんな30代に最適なスキンケア方法を徹底調査。30代に入ってから注意すべき点は何なのか、今までとは違うスキンケアとして何をしたらいいのかを紹介します。

このページの先頭へ