しわやたるみに繋がる40代の乾燥肌におすすめのスキンケアは?

30代で肌の状態が急変し、ハリや潤いを徐々に感じられなくなっていきます。40代になるとその状態がさらに悪化。40代では新陳代謝による肌の生まれ変わりを促す「ターンオーバー」の周期が20代の頃とは倍に。28日だったのが、40代の場合は55日と、新陳代謝にかなり時間をかけてしまうようになるのです。ターンオーバーが滞れば肌に古い角質が残ってしまい、シミやくすみをつくりだすきっかけとなってしまいます。また、加齢にともないしわもできやすくなります。 特に乾燥肌の場合は、シミやくすみ、しわ、たるみの進行を促進してしまうので、乾燥対策は徹底しなければいけません。40代の乾燥肌にはどのようなスキンケアがおすすめなのでしょうか?

40代の乾燥肌~3つの特徴

その1:ターンオーバーの周期が20代の倍に!健全な肌が保たれなくなり乾燥によるカサつきも悪化。

その2:加齢によって、もともと肌に存在していた保湿成分が激減し、乾燥しやすくなる。

その3:加齢によって皮脂の分泌量が減り、角質層が厚くなって有効成分が浸透しにくくなる。

40代の乾燥肌が化粧品を選ぶポイントは3つ

保湿成分がしっかり配合されている:肌にもともと存在している保湿成分である「セラミド」や「ヒアルロン酸」は年齢とともに減少してきますので、これらの成分をしっかり補ってくれる化粧品を選びましょう。

エイジングケア成分が配合されている:40代になるとエイジングサインが現れ始めてきます。乾燥肌対策だけでなくエイジングケアに有効な成分を積極的に取り入れらる化粧品を選びましょう。

肌の刺激となる成分が入っていない:乾燥していると刺激を感じやすくなります。特に「アルコール」や「合成香料」などは肌の刺激となる恐れがあるので、事前にパッチテストを行うと良いでしょう。

40代の乾燥肌にイチオシの化粧品はこれ!

40代はホルモンバランスの乱れなどから肌質の変化などが起きやすい年代になります。皮脂分泌量の低下などから肌の保湿力が一気に低下してしまうため、保湿力が高い成分が多く配合されている化粧品選びが重要になります。
40代のうちにスキンケアを怠ると50代、60代の肌老化のスピードが一気に早まってしまうので、しっかりと年代に合わせた化粧品を選びましょう。

ディセンシアの「アヤナス」 おすすめは、ディセンシアの「アヤナス」。 セラミドの中でも保湿力・浸透力が高いといわれている「ヒト型セラミド」を配合し、お肌を徹底的に保湿してくれます!また、特許技術の「ヴァイタサイクルヴェール®」が角層をつつみ、外部刺激をブロックしてくれるので乾燥によりお肌が敏感に傾いている方でも安心して使えますね。さらに、ポーラ研究所オリジナル成分「CVアルギネート」がコラーゲン産生を170%アップしてくれ、ハリ・弾力アップに作用するので、しっかりとエイジングケアもすることができます!
ストレスによる肌荒れに着目したオリジナル複合成分「ストレスバリアコンプレックス®」を配合しているのも注目ポイント。仕事や睡眠不足など日常のストレスによってダメージをうけた肌を内側からしっかりケアしてくれるんです!ストレスを受けると肌が荒れる・・そんな方におすすめしたい一品です。

詳細はこちら >>

40代の乾燥肌を悪化させないためには

25歳頃から肌の曲がり角を迎え、30代で肌の状態が悪化し、そして40代に突入することでさらに衰えが進みます。
今までと同じスキンケアをしていてもなかなか肌の調子が良くならない・・なんてことも。スキンケアだけでなく生活習慣からの見直しも重要になります。
体の内側からケアをして、若々しい健康なお肌を維持できるようにしたいですね!

お風呂の入り方を改め、乾燥に強いお肌をつくる

エアコンの効いたオフィスや紫外線の下など、乾燥しやすい環境はいくつかありますが、意識しないまま乾燥を進めてしまっているのが、お風呂です。 人の肌は角質細胞が集まって肌表面を層状に覆い、保湿成分が細胞とその周囲に水分を行き渡らせ蒸発を防いでいるのですが、42度以上の熱いお湯に長時間入って肌がふやけると、角層細胞の内外にある保湿成分がお湯に溶けだしてしまいます。さらに、入浴後に肌をゴシゴシふくことで角質層を無理にはがすことになり、肌は一層痛みやすく乾燥しやすくなってしまうのです。 お風呂に入るのなら、ダイエットやデトックス効果も期待できる半身浴がおすすめです。

保湿効果が高いものを使い、肌本来の保湿力を高める

40代の肌の特徴は、肌に元々会った保湿成分が激減してしまい、スキンケアに気を遣わないとすぐに乾燥によるくすみやしわが発生してしまうことです。特に乾燥肌に悩まされている方は保湿を徹底しましょう。化粧品の選び方としては、肌に水分を補給して潤す化粧水と適度な油分で肌にふたをし、その水分を閉じ込める乳液とのライン使いがおすすめ。浸透力の高い保湿成分がたっぷりと配合されており、肌が失っている栄養を補ってくれる化粧品なら、乾燥肌の悪化を防ぎ、健康的なお肌へと導いてくれるでしょう。

肌の生まれ変わり、ターンオーバーを活性化するためのケアを

40代になると、肌のターンオーバーは衰え、周期は20代の頃の倍に。ターンオーバーに時間がかかってしまうことで古い角質が肌に残り、くすみやしみが発生してしまうのです。表皮に残った古い細胞は、保湿の重要なカギとなる天然保湿因子をもたないので、肌は潤いを無くしゴワゴワと乾燥してしまいます。 ターンオーバーを促すためには、まずは血行を促進することが大切。お風呂に入るときにも半身浴でじっくりと体を温め、しょうがやネギなど体を温める野菜を食事に積極的に取り入れるなどして、体の外からも内からも日頃から体を温めるための生活を送るようにしましょう。

40代スキンケアまとめ

40代になると、ターンオーバーの周期が20代の倍になり、肌にもともとある保湿成分も減少し、皮脂の分泌量が減ることから乾燥しやすくなります。肌に必要な保湿成分や栄養を積極的に摂取し、肌の乾燥を防ぎましょう。 また、ターンオーバーを正常化するためにも体を冷やすことは厳禁。お風呂や食べ物などに気を配り、血行を促進するための生活を送ると、お肌にも良い影響があらわれるはずです。 スキンケアの中心は、保湿ケア。セラミドなどの有効成分をたっぷりと含んだ「肌本来の保湿力をアップさせる」化粧品を選ぶことで、ハリと潤いのあるすこやかな肌を保つことができます。

乾燥肌向けオススメ化粧品ランキングはこちら 乾燥肌ってどんな肌?乾燥肌の基礎知識はコチラ

肌の衰えが進行する40代、乾燥肌対策はどうするべき!?ターンオーバーも衰え、たるみやしわも気になり始める40代のスキンケアを徹底調査。内側からも外側からもケアできる最適の保湿方法をお教えします。

このページの先頭へ