50代のスキンケアは化粧品選びが重要

量よりも質に重きを置き始める、50代からのスキンケア。とりあえず化粧水をたっぷりとつけておけば大丈夫、という考えは厳禁です!安価なものは有効成分も微量すぎることが考えられますし、浸透力がないため角質層が厚くなっている50代の肌にはあまり効果は期待できません。特に、乾燥肌に悩まされている方は配合されている成分をしっかりチェックし、保湿力や浸透力の高い成分が配合されている化粧品を選ぶことをおすすめします。 化粧品にこだわる他に、50代ではどんなスキンケアを心がけるといいのでしょうか?50代の乾燥肌の特徴と、それを改善するためのスキンケアの方法をご紹介します。

50代の乾燥肌~3つの特徴

その1:加齢にともない、皮脂線から分泌される皮脂量が激減することで肌がゴワつきがちになる。

その2:表皮の保湿に重要な角質層細胞間脂質セラミドやアミノ酸が減少することで乾燥しやすくなる。

その3:50代になると活性酸素を分解する力が衰え、肌にもサビが発生し乾燥しやすい肌に。

50代の乾燥肌が化粧品を選ぶポイントは3つ

保湿成分がしっかり配合されている:50代になると、皮脂の分泌量が減少し、肌にもともと存在している保湿成分である「セラミド」や「ヒアルロン酸」が減少していきます。これらの成分をしっかり補ってくれる化粧品を選びましょう。

エイジングケア成分が配合されている:50代になると、40代では現れなかったエイジングサインがはっきりと現れてきます。エイジングケアに有効な成分を積極的に取り入れられる化粧品を選びましょう。

肌の刺激となる成分が入っていない:乾燥していると刺激を感じやすくなります。特に「アルコール」や「合成香料」などは肌の刺激となる恐れがあるので、事前にパッチテストを行うと良いでしょう。

50代乾燥肌にイチオシの化粧品はこれ!!

ほうれい線、目元のしわ、たるみなどエイジングサインがはっきりと現れ始めるのが50代。しっかりとアンチエイジングを意識したケアを行いましょう。
また、50代は女性ホルモンの分泌量が急激に減少し、肌質の変化などが起きやすい年代になります。ターンオーバーが乱れ、外部刺激からお肌を守るバリア機能が低下し、乾燥肌や敏感肌に傾きやすくなります。
エイジングケア成分だけでなく、保湿力が高い成分がしっかり配合されている化粧品を選びましょう。

ディセンシアの「アヤナス」 おすすめは、ディセンシアの「アヤナス」。
ポーラ研究所オリジナル成分「CVアルギネート」がコラーゲン産生を170%アップしてくれます。ハリ・弾力アップに作用し、しわ・たるみに徹底アプローチ。しっかりとエイジングケアをすることができます。 さらに、セラミドの中でも保湿力・浸透力が高いといわれている「ヒト型セラミド」を配合し、お肌を徹底的に保湿してくれます!また、特許技術の「ヴァイタサイクルヴェール®」が角層をつつみ、外部刺激をブロックしてくれるので、乾燥によりお肌が敏感に傾いている方でも安心して使えますね。
さらに注目のポイントとしては、ストレスによる肌荒れに着目したオリジナル複合成分「ストレスバリアコンプレックス®」を配合しているところ。ストレスによってダメージをうけた肌を内側からしっかりケアしてくれます!

詳細はこちら >>

保湿成分が乾燥を防ぐ!50代のスキンケアポイント

50代になると、今までは何も気にしていなかった肌トラブルが突然現れることがあります。それまでなかったシミが大量発生した、冬になってから深いしわが現れたなど、老化現象とも思われる肌の変化にショックを受ける方も多いはず。50代になると皮脂の分泌量が減少するだけでなく、表皮の保湿に重要なセラミドやアミノ酸も激減。常に肌が潤っているような状態でないと、乾燥肌が悪化してしまうという方も少なくはないでしょう。 50代の乾燥肌ケアには、たっぷりの保湿成分と抗酸化成分が必要です。

50代に激減する肌の保湿成分は、積極的に補給を!

40代に引き続き、肌にもともと存在しているセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が減少していきます。同じく保湿に必要なアミノ酸も減少することで肌の乾燥は悪化。さらに、天然の保湿成分である皮脂の分泌量もガクンと落ち、肌はいつでも乾燥しやすい状態へと変化してしまいます。 スキンケア商品を選ぶときにはとにかく保湿にこだわり、特に保湿が持続するような成分や技術を採用しているものを選びましょう。角質層が厚くなり有効成分が浸透しにくくなっているため、浸透力の高さをチェックするのも重要です。

抗酸化力の高い化粧品を選び、食事にも気をつかう

肌の衰えの原因となっているのが、活性酸素です。活性酸素とは、酸素が少し変化したもので、鉄が空気に触れてサビつくように肌も空気に触れてサビていきます。体にはもともと活性酸素を除去する力が備わっていますが、20代には95%の活性酸素を分解できていたのに、50代になると50%程度しか分解されなくなってしまい、急激に老化が進んでしまうのです。 肌にも活性酸素の影響が現れてしまいますから、化粧品では抗酸化作用のある化粧品を選び、ビタミンCなど、抗酸化力の高い食品を毎日の食事に取り入れるよう心がけましょう。

肌老化を促進させないための生活習慣を

肌を守る能力が衰えているため、肌に刺激を与えることにより乾燥肌はすすんでしまいます。さらに、生活習慣が乱れることで修復しにくいくすみやしわが発生。そうならないためにも、規則正しい生活を送ることが大事。また、紫外線も乾燥を促進してしまう大きな要因ですから、春夏秋冬問わず出かける時には日焼け止めをつけ、紫外線カットの上着や帽子などを活用するようにしましょう。肌の健康状態を保つことができれば、必要な保湿成分、ヒアルロン酸やコラーゲンの急激な減少が避けられ、乾燥しにくい肌をつくってくれます。

50代のスキンケアまとめ

40代から急速に症状が悪化してしまうのが、50代の乾燥肌の特徴です。保湿成分たっぷりの化粧品にこだわるのはもちろんのこと、肌老化原因のひとつである活性酸素を除去するための成分にもこだわるといいでしょう。20代の頃は95%自力で活性酸素を除去できていたものが、50代では50%にまで衰えてしまうのです。抗酸化作用がある化粧品を選び、日々の生活の中でも活性酸素を増やさないための努力が必要。喫煙はせず、ストレスを解消し、良質な睡眠をとり、食事の中にも抗酸化作用のある食品を取り入れましょう。

乾燥肌向けオススメ化粧品ランキングはこちら 乾燥肌ってどんな肌?乾燥肌の基礎知識はコチラ

乾燥がひどく、弾力やハリがなくなってきた50代におすすめのスキンケアをご紹介しています。50代になると肌本来の能力が激しく衰えてしまうため、それをサポートしてくれるような化粧品を選び、生活習慣を見直す必要があります。

このページの先頭へ