子供だけの病気じゃない!アトピー肌乾燥はどうケアする?

子供のものと思われがちなアトピーですが、最近は、大人になってから突然発症するケースも増えています。原因は、遺伝や食生活、アレルギーなどと言われていますが、実態は解明されておらず、症状も人それぞれです。 大人のアトピーの多くは、乾燥とセットになっています。アトピー肌は、肌内部に水分を留めておく力が弱く、カサカサになって皮が剥けたり、湿疹ができたりします。そのケアには、乾燥でむき出しになった角質を外部刺激から保護するための保湿がまず一番の基本。ここでは、軽度の大人アトピーの乾燥対策について紹介します。

アトピー肌の乾燥対策3大ポイントをチェック

保湿重視のスキンケアを行う。皮膚科などで処方される保湿クリームはおすすめ。

アレルギー因子となる、ハウスダストやダニ、ホコリを遠ざけ、バランスのよい食生活を心がける。

症状がひどくなってしまったら、すぐに医師に相談し、ステロイドなどの薬で適切に治療する。

乾燥からアトピー肌を守って肌トラブル回避!

乾燥して角層がめくれ上がり、湿疹や痒みが出るアトピー。掻いてしまうとさらに悪化し、ますます痒くなる、という負のサイクルに陥りがちです。そんなアトピー肌には、徹底した保湿が第一。炎症を起こしてしまった場合には、オイルなどの油分でとりあえず肌に膜を作ってしまう方法もあります。 また、大人のアトピーは、多くがストレスやアレルギーと密接に関係があると言われています。きちんと睡眠をとること、自分なりのストレス発散方法を見つけること、アレルギー因子を遠ざけることが、スキンケアよりも有効になることもあります。

スキンケアには、オイルを賢く利用しましょう

保湿が第一のアトピー肌には、オイルを使ったスキンケアがおすすめ。オイルが肌に膜をつくり、バリアの役割を果たしてくれます。 オイルは、余分な成分が入っていない精油を利用するといいでしょう。人間の皮脂に近い成分のホホバオイルや、殺菌作用や鎮痛作用のあるラベンダーオイルなどが初心者向きです。いきなり肌につけないで、必ずパッチテストをしてから使用しましょう。 スキンケアの最後にフタとして塗るのはもちろん、乳液やクリームに混ぜて使ったり、お風呂に数滴たらしたり、身体の乾燥が気になる部分に直接塗っても効果的です。

住環境は清潔に、衣服は肌に刺激のないものを選ぶ

ハウスダストやダニ、ホコリなどのアレルギーがきっかけで、アトピーになるケースもあります。ダニが住みつきやすいじゅうたんやカーペットはなるべくフローリングに変え、こまめに掃除機をかけ、換気を心がけましょう。部屋のリネン類をなるべく少なくする工夫も大切です。また、ダニの温床となりやすい布団も要注意。こまめに干し、布団用の掃除機をかけるとさらに効果的です。 また、衣服は通気性がよく、汗をよく吸い取るものがおすすめ。自然素材の綿やガーゼが安心です。また、汗もアトピー悪化の原因となります。厚着しすぎないよう注意しましょう。

大人アトピーの原因はストレスにあり!?

大人になってから発症するアトピーのほとんどは、ストレスが原因だというお医者さんもいるほど、アトピーにとってストレスは大敵。実際、アトピーに悩む多くの人が、ストレスがかかると症状が悪化することを実感しているようです。 だからといって、いきなりストレスの原因を排除することも難しいもの。そこで、ストレスに負けない身体を作ることが必要になるのです。規則正しい生活、十分な睡眠、バランスのとれた食事を心がけることで、アトピーの悪化はかなり軽減させることができます。また、自分なりに、ストレスを発散させる方法を見つけることも大切です。

アトピー肌のスキンケアまとめ

最近特に増えているという、大人のアトピー。アトピーは体質なので、完治することは難しく、症状が出ないように上手に付き合っていくことが必要だと言われています。 そんなアトピー肌には、スキンケアはもちろんですが、生活環境を見直すことが重要なようです。無理のない範囲で、健康的で清潔な生活を心がけましょう。悩み過ぎてしまうのも逆効果です。 また、花粉症などの季節的なアレルギーがアトピーを引き起こすこともあるので、その時の肌の状態に合わせたケアを心がけましょう。 症状がひどくなってしまったら、早めにお医者さんに相談することも大切です。

乾燥肌対策オススメ化粧品はコチラ

このサイトをご監修いただいている先生

このサイトを監修しているマブチメディカルクリニック 院長 馬淵知子先生。

マブチメディカルクリニック
院長 馬淵知子 先生

東京医科大学医学部を卒業された後、東京医科大学病院皮膚科学講座に所属されながら東京医科大学病院に勤務。 その後、マブチメディカルクリニックを開院され、院長に就任されています。内科学・皮膚科学の専門ですが、あらゆる科との提携を結び、多面的に人間の体を総合的にサポートする医療を推進しておられます。

乾燥性アトピー肌のための、スキンケアを大特集。なかなか保湿ケアが浸透していかない大人アトピーの原因や乾燥対策、スキンケアをする上で気を付けたいポイントを紹介します。

このページの先頭へ