刺激に弱い乾燥肌には紫外線防止も意識して|乾燥肌化粧品ナビ

紫外線防止で乾燥肌を緩和させる方法

外部からの刺激に弱い乾燥肌を守るなら紫外線防止の徹底を



乾燥肌の方はバリア機能が弱くなり、外部からの刺激に弱い状態になっています。紫外線を浴びることでもバリア機能は低下しますので、紫外線防止の徹底が必要です。微量であっても紫外線は繰り返し浴びることでダメージになります。バリア機能が低下しているので乾燥肌の方はより水分が失われやすく、より乾燥肌が進行してしまいます。

肌の潤いを守るためには紫外線防止で肌を守ることが必要です。バリア機能が低下している乾燥した肌は、刺激を受けやすい状態ですから炎症も起きやすくなります。炎症が起きるとシミなど更なるトラブルの原因となります。紫外線は一年を通して降り注いでいますので、一年を通して紫外線防止をしっかりと行い、肌を守ることが大切です。

乾燥肌を守る紫外線防止の方法として日焼け止めを使うという方法があります。日焼け止めも肌の負担となることがありますので、選び方、使い方には注意が必要です。肌に優しいものを選ぶのが基本です。日焼け止めの数値の高いものは肌への刺激も強くなります。

日常紫外線防止とレジャーでの紫外線防止で使い分けるなどの工夫をすると良いです。また、日焼け止めも落ちれば紫外線に対して無防備になります。適度に塗り直して乾燥肌を守りましょう。日焼け止めもしっかりと落とさないとトラブルの元になります。役目を終えたら、なるべく早く落とすようにしましょう。

乾燥肌の方は、肌をこすりすぎたりするのはよくありません。洗顔のしすぎやピーリングなどは避け、肌のバリア機能を回復させるように心掛けましょう。乾燥肌は刺激に弱いため、紫外線防止のための日焼け止めが負担になることがあります。日傘や帽子などでの対策など、他の方法も取り入れると良いです。

乾燥肌対策には必須である紫外線防止。肌はとてもデリケートなため、紫外線による刺激はトラブルに直結します。うまく改善できる方法と理由について。

このページの先頭へ